お風呂上がりのスチームは最高!いつまでも透明感のある肌で♪

NO IMAGE

29歳の時から約20年間美顔器を使用しています。その美顔器には、スチーマー、高周波マッサージ、赤外線、毛穴の汚れ取り用のクリーナーが付いています。毎日のスキンケアは、ステップ①お風呂上り、専用のジェルを塗った後にスチームを浴びながら1分間高周波マッサージをします。ステップ②スチームを1分間浴びます。ステップ③化粧水、乳液などを塗った後、赤外線に1分間当たります。1週間~10日に1度はスペシャルケアで毛穴の汚れ取りステップを取り入れます。何歳になっても潤い、透明感のある美肌をキープするのを目的に毎日のステップを欠かしません。

スチームで潤い、透明感のある肌に!化粧品の量も減ります。

毎日スチームに当たることで、潤い、透明感のある肌をキープできます。肌の潤いは小じわ対策になりますし、潤いがあることで、化粧水や乳液などの基礎化粧品の使用量が減ります。少しの化粧品量で十分肌が潤うのです。潤いがあると、もちろん化粧ノリも良くなります。化粧ノリが良いということは、UVクリームや化粧下地が良くのび、やはりそれらの使用量が減ります。ファンデーションも、少しの量でよくのびます。肌の潤いは、肌の透明感にもつながり、くすみやシミなどの肌の欠点をカモフラージュしてくれます。自分の顔を鏡で見ると、小さなシミひとつひとつが気になってしまいますが、他人の顔を見る時は、相手の顔全体(印象)を見ていると聞いたことがあります。肌の欠点を隠すためのファンデーションは要らなくなるかもしれません。

このスキンケアに出会って得た肌と心の潤い

子どもの頃から、乾燥・敏感肌でした。顔はパリパリつっぱった感じがするし、カサカサで粉がふいていました。大人になってからは、更に肌の乾燥はひどくなり、どんなに化粧水を塗っても足りない感じがしていました。もちろん、化粧ノリも悪かったです。スチームを浴びるスキンケアに切り替えて、2日~3日で、顔のつっぱった感じがなくなりました。2週間位でカサカサしなくなり、粉がふいてい感じがなくなりました。化粧水もなじむようになり、化粧水や乳液などの基礎化粧品の使用量がみるみる減っていきました。もちろん、化粧ノリも良くなり、UVクリームも少しの量でのびるようになりました。肌に潤いが出てきたことで、透明感が増してきたようです。このスキンケアに出会わなければ、どんな肌になっていたのだろうと想像するだけでもゾッとします。肌の潤いだけでなく、心の潤いも手に入れられた気がします。

きれいになりたい!という強い思いと身近な人のことば

なぜ、スキンケアが継続できているのかと考えてみました。第1に、絶対に肌(子どもの頃からの乾燥・敏感肌)を変えたいという強い思いがあったこと。第2に、取り入れた早い段階で結果が出た(潤い)ということ。第3に、結果的に、化粧品量が減りリーズナブルなったこと。第4に、さぼると肌の潤いがなくなり、悪い方へ向かっていくということです。というこの4点から考えると、スキンケアを継続するポイントは、絶対にきれいになりたい!肌を変えたい!という強い思いと、結果の出るスキンケアに出会うということだと思います。思いは自分次第です。きれいになった自分を想像して、思いを強く強くしましょう。きっときれいになれます。現在のスキンケアに出会ったきっかけは、親友の紹介でした。身近な人の声に耳を傾けることで、結果の出るスキンケアに出会えるかもしれません。

肌の手入れカテゴリの最新記事