間食を控えて摂取カロリーを抑えるのが痩せるコツ!

NO IMAGE

ポテトチップスのカロリーは330キロカロリーと言われており、これは女性が2時間程度かけないと消費できないカロリー量と言われています。ドーパミンの分泌を促進する中毒性もあり、人によっては食べ続けてしまうリスクもあります。
また、ポテチに含まれている塩分を摂取しすぎると、身体から水が出てしまい、その結果身体が水分を欲して水を飲みすぎ、脚や顔がむくんでしまう…という風になってしまいます。夜中に食べると翌朝むくんでしまうことに…野菜にも塩をかけると水が出てきてしまいますよね。それと同じ原理なので、ここを我慢すれば全身の見栄えをキープできます。

間食を控えると顔の吹き出物もなくなりました!

ジャンク感が大好きなポテチでしたが、(特に濃いものが好きで、ついつい食べてしまっていました)やはり控えることで肌の調子が良くなり、きめ細やかになったように感じます。アトピー持ちなのですが、痒さも軽減されたように思いました。また、同じ油を使っているフライドチキンやポテトへの警戒心も高まり、色々な食品に興味を持ち油を控えようと思うようになりました。スーパーでもポテチを避けるためにお菓子売り場から遠ざかるようになったので、チョコなど他のスイーツとも良い意味で縁遠くなり、ダイエットに関しては助かりました。そもそも買わなければ食べたくても家にないので、荒療治ですが我慢も覚えてきました。おつまみ感のあるチーズだったり魚肉ソーセージなどで代替するという方法も編み出しました。

ストレスが溜まった時には我慢しすぎずに食べよう!

ポテチを控えるといっても、何も一生食べないという訳ではありません。無目的に勢いよく袋を開けてがっつくのをやめて、例えば学校のテストが終わった後、大きな仕事が終わった後、友達との飲み会…というタイミングでは頂いていました。例えば同じ一袋でも、ただ食べるのに比べると思い出のこもったポテチは本当に美味しく感慨深いものです。
また、精神的にあまりにも辛くなってしまった時にもダイエットはお休みして、自分を元気づけるためにポテチを口にしていました。メリハリをつけることによって、お店で誘惑に駆られてもお祝いの時や落ち込んだ時のために取っておこう!と前向きな我慢をできるようになりました。節約にもなりますし、ダイエットのみならず自分の心身と向き合うことにも繋がりました。

痩せる方法カテゴリの最新記事