炭水化物ダイエットで夜の摂取カロリーを抑えよう

NO IMAGE

朝、昼、晩と栄養をバランス良く摂取して、ご飯、野菜、お肉やお魚、そしてお味噌汁など、しっかりととっていたら、健康には良いかと思います。ですが、ある程度年を取っていくと、基礎代謝も減っていき、太りやすい体質になっていきます。それなのに、しっかりと栄養を取っているといつの間にかお腹が出っ張ってきて太ってきてしまいます。
そんな時に食べる量を全体的に減らしたりするといつもお腹が空いてしまったりして、逆にリバウンドしてしまったりします。
そうならないためには無理をしないように楽に食べる量を減らすのが一番簡単で良いと思います。その方法が、夜だけ炭水化物を抜くことです。朝と昼は日中活動するためのエネルギーとしてしっかりと摂取します。ですが、夜はあとは寝るだけなのでご飯を抜きます。すると、不要な栄養を取らなくなるので、思ったよりも効果があります。
これは本当に試してみる価値があると思います。

炭水化物ダイエットはお腹が凹み、体重が安定します

夜にご飯やパンなどの炭水化物を抜くようになって、最初は物足りないような気がしましたが、朝昼晩と全て抜いているわけではないので、夜の物足りなさは、朝にご飯を食べることで解消されます。
ですので、夜に炭水化物を抜くことは自然と習慣になり、ストレスも特に感じなくなりました。
そして、気になる効果ですが、徐々に体に変化が出てきて、まずはお腹がひっこんできました。それまでお腹がちょっと出ていて、ズボンのサイズも徐々に上がっていっていて、危機感を感じていました。
それが、逆に段々とズボンのサイズが下がっていって、前に履いていた細いズボンまで履けるようになったりしています。そして、体重も自分で適正だと思っている体重に戻ることができました。

炭水化物での減量の秘訣は無理をしないこと

太らないために色々な方法があって、体重を減らすだけの目的なら、簡単なものから難しいものまでたくさんあると思います。ですが、無理をするとだいたいが途中で飽きたり、逆にリバウンドしたりしてしまいます。
減量の秘訣としては、やはり無理をしないことだと思います。どうすれば自分に無理がかからないか、我慢をし過ぎていないか、楽に続けられるかをしっかりと見極めて、自分に合った方法を見つけるのがとても大切なことだと思います。
それが私にとって、夜だけ炭水化物を抜くという方法でした。何も自分に負荷も無く、退屈でもなく、効果も出ているので、続けることが楽しくなっています。
やはり、続けることが億劫ではなく、お金もかからず、手間もかからず、そして効果が実感できる方法なんて、ほんと楽しくて、減量できたことを嬉しく感じています。

痩せる方法カテゴリの最新記事